シワができる原因と対策

シワができる原因と対策

 

シワは年齢肌サインとしてお悩みナンバー1と言っていいほど、多くの人が悩みます。
女性だけでなく、皮膚が比較的薄い男性も年齢とともに深くはっきりしてくるシワに悩む人が多いようです。

今回はそのシワについてをしっかり学んでいきましょう。

シワのできる原因

大きく分けて3つのしわがあります。

それぞれの特徴をまとめて見ましょう!

  • 表情ジワ

    これは笑ったり泣いたり怒ったりと言った日常の表情の癖からできやすいシワになります。
    目尻のt裏面ジワなどは歳を重ねても愛くるしい印象もありますが、
    例えば眉間のシワなどはやはり相手に怖い印象を与えてしまう事もありますね。
    とくに表情の悪い癖などがある場合は、この溝が定着する前に意識して直すなどすると良いでしょう。
    あとは、気になる部分は常に保湿をしておくことで深い溝になるのを若干防ぐこともできます。

  • 紫外線によるシワ

    これは普段のケアに無頓着な男性の方が多いかもしれません。
    またアウトドアのスポーツなどをしている人にも多いですね!
    UVケアをしていても、そのUV商品自体がお肌の水分を奪ってしまったり、
    また肌への負担を大きくかける事もあるのでシワを作りやすくしてしまう可能性があります。
    お外でスポーツなどをするときは1時間おきに保湿するなどすると良いでしょう。

  • 乾燥によるシワ

    これが一番シワの原因で多いと思います。
    保湿にこだわってケアをしている人はシワ知らずとも言われるほどです。
    最初はちりめんジワなど、小さなシワから始まり目立たないのですが、
    ケアを怠ると小ジワがどんどん増えていき、気がつくと大きな溝になってしまう事も多いようです。
    やはり目立たないうちからの日頃の保湿ケアが後々大きなお肌の財産となりそうですね!



シワのできやすい場所

シワは基本的には皮膚の薄い部分にできやすいと言われています。

口元や目元が代表的ですね、ここは汗や皮脂も少ない場所でもあり乾燥がしやすい場所とも言われます。
うるおいをキープするにはやはりこまめな保湿ケアが必須となります。

それから表情に大きく左右されるのが額の横シワ(おでこ)と言われます。
実はこのおでこのシワは、表情が影響とは言ってもお顔ではなくどちらかというとおでこから東部へつながっている前頭筋というものが大きく影響しています。年齢とともに、この普段は前髪などで隠れている前頭筋などの筋肉も衰えていき、結果たるみとなっておでこにシワがで始めるという事です。
こう言った頭皮のたるみはおでこのシワだけでなく、
お顔全体のたるみにもつながりますので、日頃のケアをしていくといいですね!

シワが見つかったら(最初の対処法)

ちりめんジワなどほとんど目立たないような小さなシワでしたらしっかり保湿ケアで十分改善することができます!1時間おきに吹きかけるタイプの保湿をする、朝晩の化粧水をお肌がしっかり吸収しやすい相性の良いものを選ぶ、また週に1〜2回程度の保湿のパックをするなど、ちょっとしたお手入れだけでも全然変わりますので試してみる価値がありそうですね!




シワの対策(深いシワの対処法)

本ジワと言って深いシワになると保湿だけで改善するのはなかなか難しいです。
ですが例えばその周りや関連する筋肉を鍛える、ひっぱってあげるだけでシワの溝が目立たなくなる事もあります。
また、これ以上シワが深く目立たなくするためにもやはり保湿はいつも以上にしてあげることをお勧めいたします。

お肌にコラーゲンをたっぷり与えるなど、中からのケアも必要かもしれません。
真皮というお肌の奥の層にコラーゲンを増やすことで弾力のあるお肌を呼び戻しましょう!