むくみや高血圧対策に! 無理なく薄味に慣れるための調理方法4選

むくみや高血圧対策に!

無理なく

薄味に慣れるための

調理方法4選

 

 

 

ファミレスやファーストフードのお店、

コンビニ等のメニューは、

ほとんどが濃い味付けになっています。

濃い味付けに慣れてしまうと、

薄い味付けのものが物足りなくなり食べられなくなります。



さらに塩分が高い食事をしていると、

食欲が旺盛になってしまったり血圧が上がりやすくなります。

 

普段の食事は薄味を目指して、

健康と美容を保っていきましょう。

 

今回は濃い味付けの食事に慣れてしまった人向けに、

無理なく薄味へとシフトして行く方法をご紹介します。



 

 

■酢や柑橘系の果汁を加える

 

肉や魚料理などの味が薄いと感じた時は、酢や柑橘系の果汁を加えてみてください。

 

クエン酸が含まれる酢や柑橘系の果汁を少し加えるだけで、酸味がプラスされて料理の味が引き立ちます。

 

例えば、酢、ポン酢、レモン、ゆず、かぼすなどです。

 

塩分を減らして酢や柑橘系の果汁を加える努力をしてみましょう。

 

 

 

 

■ソースなどを減らして香辛料を増やす

 

ソースやマヨネーズ、ドレッシング、醤油などをたくさんかけて食事をすると、確実に塩分が多くなります。

 

また、その味に慣れてしまうと、なかなか薄味に戻すのが大変です。

 

そこでおすすめなのが香辛料を少し増やすと言う方法です。

 

コショウやわさび、からしなどの香辛料は、塩分がゼロなのに、スパイシーさがアクセントになって、薄味を感じさせなくしてくれます。

 

さらに、生姜やネギなどの香味野菜を添えることで、薄味をカバーでき、美味しく食事できます。

 

 

 

 

■香ばしさを加える

 

薄味の食事に慣れるまでの間は、香ばしさを加えた料理も心がけてみましょう。

しかし、焦げ目をつけて香ばしさをプラスする料理を食べ続けると、健康に被害を及ぼす恐れがあるため、長く続けるのはオススメできません。

 

香ばしさを加えるには、焦げ目をつけるのが1番早い方法です。

 

また、ごまを加えて香ばしさをプラスする方法もおススメです。

 

ごまの場合は、焦げ目をつける方法ではないので、長期間続けても問題はありません。

 

問題がないどころか、ごまは健康に良いのでおすすめです。

 

 

■旨味を取り入れる

 

昆布やかつお、キノコなどの旨味が出る食材を使うと、旨味によって薄味をごまかせます。

 

例えば、関西の出汁がきいた食事は、関東と比べると醤油が控えめですが、控えめな塩分を感じさせない風味ですね。

 

旨味を利用して、味噌汁や炊き込みご飯、煮物などの塩分を控えめにしましょう。

 

 

 

■薄味に慣れるための調理方法のまとめ

塩分が多い食事を続けていると、体内の水分量が多くなり、体がむくみやすくなります。

 

むくみが続くとセルライトの発生や脂肪がつく原因になるので、気をつけましょう。

 

 

Clavisめっちゃ贅沢フルーツ青汁でむくみ撃退!