温活で美容も健康対策もバッチリ!効果的な3つの方法とは?

温活で美容も健康対策もバッチリ!効果的な3つの方法とは?

冷え性に悩まされている女性が多く、冷え性が健康や美容に悪影響を及ぼしているケースが多く見られます。

体が冷えているということは、血行が悪く、基礎代謝や新陳代謝が低下しているということです。

 

血行が悪いと、免疫力が低下したり、肌に必要な酸素や栄養素が行き届きにくくなったりなど、肌のくすみや不調に繋がります。

基礎代謝や新陳代謝が低下は、肌の不調だけではなく、痩せにくい体質になりダイエット 面でも悪影響を及ぼします。

 

今回は、女性にとって大敵とも言える冷え性を改善するための温活方法を3つご紹介します。

 

 

■酵素風呂

 

発酵させた米ぬかの中に入る乾燥式の温浴方法を酵素風呂といいます。

 

米ぬかを発酵させる際に発酵熱が生じ、米ぬかは60度から70度に温められます。

しかし、体感温度は43度前後のため、普通の入浴時と同じ温度で酵素風呂に入浴できます。

 

酵素風呂の中には、数千種類の生きた酵素が含まれているため温まって開いている毛穴から、酵素のビタミンやミネラルなどの美容成分を奥深くまで補給できます。

 

さらに、温め効果も高いため、発汗作用によりデトックス効果が期待できます。

 

体の芯までしっかりと温められて、続けることで冷え性を改善へと向けて行けます。

 

 

■岩盤浴

 

 

温めた天然石や岩石の上で横になって入浴する岩盤浴も、冷え性の対策としておすすめです。

 

サウナよりも高い発汗作用があるのに、体感温度は45度前後と、普通の入浴時と同じくらいの温め効果で、体の芯まで温まり冷え性を改善へと向けてくれます。

 

岩盤からは、マイナスイオンや遠赤外線が放射されているため、体の芯まで温めることができ、しっかり発汗できるため、老廃物や毒素を排出することができます。

 

 

■ホットヨガ

 

 

ホットヨガは、室温が40度前後で湿度が60%前後に保たれたスタジオで行われるヨガのことです。

 

この室温と湿度の設定は、筋肉が柔軟になりやすく、リラックス状態の中で体を伸ばすため、血行促進効果が高く、体の中から温めることができます。

 

そのため、驚くほど汗をかき、デトックス効果や美肌効果を得ることができます。

 

もちろん、筋肉が増加することもあり、ホットヨガを続けることで確実に冷え性を改善していくことができます。

 

激しい運動は苦手という女性に、ゆったりと行うホットヨガが特におすすめです。

 

最近は、リーズナブルな料金で通えるホットヨガスタジオや、岩盤浴併設されているスタジオも多いので、ぜひ利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

■まとめ

リラックスをすると血流が良くなるので、体温が上がりやすくなります。

ストレスや緊張などでリラックスできない状態が続くと、冷え性を引き起こしやすくなります。

 

特に女性は脂肪が多いため、体が冷えやすく、ストレスや緊張なので冷え性が起こると、なかなか体温が上昇しない体質です。

 

リラックスできる温活方法で、ストレスや緊張を癒し、体の芯まで温める習慣をつけていきましょう。