桑の葉のダイエット効果は?お茶の飲み方やタイミングもご紹介



桑の葉のダイエット効果は?

 

ダイエットに効果的なお茶でよく知られているのが、

プーアール茶、ウーロン茶、ごぼう茶などです。

 

その中であまり知られていないのが、

桑の葉を使ったお茶です。

 

桑の葉には、

食事をした後の血糖値の急上昇を

抑えてくれる効果を持つ成分が含まれています。

 

それによって

無理なく糖質制限ができ、

ダイエット効果だけではなく健康維持にも役立ちます。

 

今回は、

桑の葉のお茶でダイエットする方法をご紹介します。

 

 

 

■桑の葉茶とは?

 

桑の葉茶とは、桑の葉を使ったお茶のことです。

桑の葉は日本各地に自生するクワ科の落葉樹で、

漢方としては「桑白皮(ソウハクヒ)」、

ハーブとしては「マルベリー」で世界中の人から多く知られています。

 

最近では、

ダイエット や健康、美容対策のための桑の葉のサプリメントやカプセル、

青汁などが多く出回っており、

広く知られるようになってきました。

 

 

 

■桑の葉茶の効果

 

桑の葉の中には、

糖質の吸収を緩やかにしてくれる

「デオキシノジリマイシン」

という成分が含まれています。

 

最近は、

糖質制限のダイエットが流行っていますね。

 

しかし、

無理な糖質制限は体調壊す原因になってしまいます。

だからこそ、

無理なく糖質制限できる成分が含まれた桑の葉のお茶で

賢くダイエットするのがおすすめです。

 

桑の葉に含まれる「デオキシノジリマイシン」は

炭水化物や芋類などの糖質を摂取した時に発生する「α-グルコシターゼ」

という酵素の働きを抑える効果があります。

 

「α-グルコシターゼ」の働きが抑えられると、

「ブドウ糖」への分解がうまくいかなくなるため、

食事後の糖質の吸収が緩やかになります。

 

実は桑の葉は、

鎌倉時代に糖尿病の治療にも使われていたほど、

糖質制限に最適な植物なのです。

 

 

■桑の葉茶の飲み方

自半に桑の葉を使ったお茶があるので、

麦茶などと同じように煎じてお茶を作ります。

 

桑の葉を飲むタイミングは、

食事の約10分〜20分前が最適です。

食事の前に飲むことで、

糖質の吸収を抑えられるため、

痩せやすい体質になります。

 

また、日常的なお茶として飲むことで、

利尿作用やデトックスが促されて、

さらにダイエット効果が上がります。

 

桑の葉は体を冷やす働きを持っているので、

体が冷えやすい人は生姜などの体を温める野菜を加えましょう。

体が冷えると代謝が下がるため、ダイエット効果が半減します。

 



 

■まとめ

桑の葉茶には即効性はありませんが、

お茶として毎日飲むだけでダイエット対策ができます。

ダイエットの対策だけではなく、

糖尿病の予防にも繋がるため、

 

飲む習慣をつけることで

ダイエット対策と健康対策ができますよ。

 

 

______________________

 

ライター:バンビーナAsia