脱毛で心配な肌トラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛で心配になるのは、脱毛後の肌虎物があるのではないでしょうか。

一般的には、ヤケドなどの症状が起りやすいと言われています。
また、毛穴へのアプローチをしますので、感染症にならない注意も必要です。

では、実際に起こりうる可能性がある症状に関しての詳細と、それに対してのアフターケアをどのようにしていくと良いのかについて検討してみましょう。

セルフケアとして行う場合にも、これらの注意を必要としますので、確認して下さい。

ポイント

  • エステでの肌トラブルって?
  • クリニックでのトラブルに関して
  • セルフケアでの肌トラブルって?

エステでの肌トラブルって?

エステでは、主にレーザーやフラッシュの方式を用いて、脱毛をしていくケースが多いですね。これは、光の出力の強いものを使用しますので、熱を持ってしまうことがあるのです。

一般的なアフターケアとしては、アイシングや保湿を行っていきます。
ごく稀にですが、アイシングだけでは足りないようなヤケドの状態になってしまうこともあるようですね。

エステでは、エステティシャンの資格は持っていても、医師の資格を持っていませんので、その場での治療をすることは許可されていません。そのため、状態が悪ければ、皮膚科などの受診が必要になることもあるのです。

様子を見ておかしいと思ったときには皮膚科の受診をしてみましょう。

クリニックでのトラブルに関して

クリニックでは、医師免許を持っているドクターによって施術が行われます。

エステ同様に出力の高いレーザーやフラッシュの使用もしますが、万が一の場合には、医療行為としての治療も出来ますし、感染症予防の抗生物質の処方や、塗り薬によって肌トラブルが起らないようにすることも出来ます。

脱毛の際に痛みを感じやすい方には、事前に麻酔の塗布をすることも出来ますので、この点に関しても安心だと言われていますね。ドクターの管理のもとに行われますので、安心です。

一般的には、脱毛後にはアイシングや、感染予防のクリームを塗布することによって、肌トラブルの少ないものと考えられていますね。

肌トラブルが起ってもジン俗な対応が出来るのはメリットかも知れません。

セルフケアでの肌トラブルって?

セルフケアとして、脱毛をするときには、脱毛方法が多くありますので、多様なものが考えられます。

毛抜きやカミソリを使用してしまうと、肌表面にかさつきが出たり、保湿のローションを塗布しても、しみる様な痛みを感じることもあります。これは肌がダメージを受けている証拠でしょう。

その他の脱毛クリームなどでも、肌の弱い方には、刺激が強すぎて、肌荒れを起こすこともあります。事前のパッチテストを求められますね。

家庭用脱毛器に関しては、痛みは多少合っても、エステやクリニックよりも、出力を抑えたレーザーやフラッシュの使用をしますので、ヤケドの心配はありませんが、保湿ケアをしないと乾燥してしまうことがあります。

脱毛ランキング – 部位別にお得なサロンを紹介 | 【脱毛NAVI】
各サロンのパーツ毎に価格やキャンペーンをを調べて、もっとも安いサロンをランキング形式で紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:脱毛

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ