ムダ毛と脱毛の関係について

このエントリーをはてなブックマークに追加

無駄毛とは

脱毛処理において、脱毛される毛は、一般的に無駄毛と呼ばれる毛です。

無駄毛とは、主に腕やすね、太ももやおなか、背中やVIOラインなどに生える体毛のことで、美意識的に不要とされることが多いため、脱毛処置によって除毛されてしまいます。

しかし、これらの無駄毛ですが、本当に無駄な毛なのでしょうか?
ここでは、そんな無駄毛についての説明、紹介をさせていただきます。

目次

  1. 無駄毛の役割
  2. 無駄毛の脱毛によるメリット、デメリット
  3. 安全な脱毛処置とは?

無駄毛の役割

無駄毛と呼ばれるからには、何の意味もなく、無駄な毛なのかというと、そんなことはありません。
無駄毛と呼ばれてはいますが、髪の毛などと同じ体毛であり、無駄毛が生える意味もちゃんとあります。

体毛の役割として最も知られるものには、体の防衛機構としての役割があります。
外気の紫外線や、汚れ、気温、摩擦などから、体の表面を守るという役割があります。

また、体毛は汗や老廃物などの、毛穴から出てくる不要な物質を外部へ運搬するという役割もあり、体のサイクルのサポートをしています。

無駄毛の脱毛によるメリット、デメリット

無駄毛処理によるメリットは、美容、美意識的なものが中心となります。
無駄毛の無い綺麗な肌は、相手に清潔な印象を与えることができ、対人時にそのメリットが発揮されます。

しかし、無駄毛の脱毛によるデメリットもあります。
主なデメリットは、外部刺激に対する防衛機構が無くなるという点です。

特に、腋毛やVIOラインの体毛は、外部の摩擦に対する防衛機構として大きな役割があり、失われることによって肌がかぶれるなどの症状が起こることがあります。
そのほか、脱毛によるトラブルも考慮すべきでしょう。

安全な脱毛処置とは?

さて、前述のようなデメリットがある脱毛処置ですが、安全に脱毛するにはどうしたらよいのでしょうか。
究極的に言ってしまえば、本当は無駄毛であっても脱毛しないほうが体に良いのですが、そうもいかないことも多いでしょう。

無駄毛の脱毛処置によるトラブルを軽減するには、「脱毛処置が安全なものなのか」「脱毛時にトラブルが起きた際のセーフティネットはどうするか」「脱毛後に考えられるトラブルと、その対処はどうするか」などについて考慮しておくことによって、トラブルを防止、もしくは軽減することができます。

無駄毛の脱毛の際には、これらのようなリスクマネジメントをしっかりと行うようにし、対処できるようにしておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月17日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:脱毛

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ