夜の過ごし方で差をつけよう!寝る前に実践したい3つの美容方法

 

夜の過ごし方で差をつけよう!

寝る前に実践したい

3つの美容方法

 

 

 

夜の過ごし方によって、肌質は大きく変わります。

また、夜の過ごし方によって睡眠の質が変わってくるため、健康面でも良い効果が出やすくなります。

 

健康状態は、そのまま美容面に反映されます。

夜の過ごし方を少しだけ改善して、美しくなるための習慣づくりをしませんか?

 

ここでは、夜に実践してほしい3つの美容法をご紹介します。

 

 

 

 

 

■ゆったりと白湯を飲む

 

 

寝る30分前にはスマートフォンやテレビなどを一切見ずに、ゆったりと白湯を飲む時間を作りましょう。

 

白湯は胃腸に負担をかけずに、内臓から体を温めてリラックス効果を発揮してくれる飲み物です。

 

朝に白湯を飲む人が多いですが、実は寝る前に飲むのも効果的です。

 

内臓から血流が良くなりリラックス効果が得られて、睡眠の質が上がります。

健康面だけではなく美容面にも良い効果をもたらしてくれます。

 

 

 

 

■アロマの香りで自律神経を整える

 

日中は神経が活動モードになっているため、交感神経の方が活発になっています。

通常は、寝る前になると休息モードの副交感神経の方が活発になってきます。

 

しかし、ストレスや疲れやパソコンやスマートフォンなどの使いすぎにより自律神経のバランスが崩れてしまうと、モードの切り替えがスムーズにいかなくなります。

 

モードの切り替えをスムーズにするために、寝る前にアロマ日中は神経が活動モードになっているため、交感神経の方が活発になっています。

通常は、寝る前になると急速モードの副交感神経の方が活発になってきます。

 

しかし、ストレスや疲れ、パソコンやスマートフォン等の使いすぎにより自律神経のバランスが崩れてしまうと、モードの切り替えがスムーズにいかなくなります。

 

モードの切り替えをスムーズにするために、寝る前にアロマの香りをかぐのが効果的です。

 

アロマの香りは、臭覚から脳に伝わり、副交感神経を活発にしてくれます。

すると寝る前に自然に副交感神経が活発になり、リラックスできるため、睡眠の質が上がります。

 

 

 

 

■寝る前のスキンケアは特に丁寧に

 

朝は、メイクをしなければいけないので、入念にスキンケアをする人が多いですが、実は夜のスキンケアの方が大事です。

 

入浴後は、毛穴が綺麗になっているだけではなく、体温が上昇しているために毛穴も自然と開いています。

そのタイミングを狙って、しっかりスキンケアすることで、美容成分が肌の奥深くまで浸透してくれます。

 

さらに、先ほどから紹介している白湯やアロマの香りを用いることで、リラックス効果により血流が良くなるため、肌の隅々まで美容成分が届きやすくなります。

 

そうしたタイミングを大事にして、夜のスキンケアはゆったりと丁寧に行いましょう。

 

 

 

■まとめ

ベットに入ってからも、テレビを見たりスマートフォンでインターネットをしたりしていませんか?

その習慣の積み重ねにより美容面にも悪い影響を及ぼしてしまうので、

夜の美容法を見直し夜の過ごし方も改善していくようにしましょう。

 

================================

 

ライター:バンビーナAsia