下半身にも黄金比がある?綺麗に見えるヒップや太ももの法則

投稿日:

下半身にも黄金比がある?

綺麗に見えるヒップや太ももの法則

下半身痩せをする前に

ヒップや太もも、足とのサイズのバランスについて

知っておく必要があります。

 

ただ、痩せれば綺麗になる

と言うわけではありません。

たとえ痩せたとしても、

ヒップや太もも、足とのサイズのバランスが悪ければ、

綺麗には見えないのです。

 

顔にも黄金比があるように、

下半身にも黄金比があります。

 

下半身の黄金比を知り、

バランスの良い綺麗な下半身を作り上げていきましょう。

 

今回は、下半身の黄金比についてお話しします。



■美しい太ももとヒップの条件とは?

美しい太ももは、太ももの1番高い部分が

「身長× 0.3cm」のサイズが理想的です。

つまり、

身長が160cmの場合は、

160cm× 0.3で48cmがベストな太もものサイズです。

 

まず、自分の太ももの1番太いところを探して

サイズを測ってみましょう。

 

そして、ヒップの美しい条件は、

横から見たときにきれいな曲線が

描かれている事です。

 

 

また、太ももとの境界線がはっきり分かると、

さらにメリハリある曲線が描かれます。

 

鏡の前で、

横を向いてヒップのラインを確かめてみましょう。

 

太ももとのバランスを見ながら、

どの部分を癒せるべきかを

自分で把握しておくことです。

 



■下半身の黄金比とは?

黄金比とは、

デザインなどで美しく見える比率のことをいいます。

以前、写真やデザインのみに

黄金比があると考えられていましたが、

最近は顔にも黄金比があると言われており、

下半身の黄金比も定義されるようになったのです。

 

つまり、

下半身が美しく見える比率が下半身の黄金比なのです。

 

太ももとヒップ、

美脚のための黄金比とは、

次のとおりです。

 

太ももが5、ふくらはぎが3、足首が2

の割合がきれいに見える黄金比です。

具体的な数値は、

太ももの1番太いところが「身長× 0.3」

ふくらはぎが「身長× 0.2」

足首が「身長× 0.1」です。

 

この比率を守った上で、

横から見たときにヒップの曲線が

きれいになっているのが理想的です。

下半身のバランスをチェックするときに、

正面からチェックするばかりではなく、

横からのラインもしっかりチェックしましょう。

 


■まとめ

単純に足を細くするエクササイズや運動方法はありますが、

きれいに痩せるためのバランスは、

あまり知られていません。

 

スカートなどを履いたときに、

きれいに見える美脚を目指して、

下半身の黄金比を頭に入れながら、

エクササイズなどで対策を重ねましょう。

さらに、ほどよく筋肉がついていなければ、

ヒップの美しい曲線は描くことができません。

 

そのため、

ある程度の運動をして下半身痩せをするのが大切です。

 

ライター:バンビーナAsia