しわの原因と対策

投稿日:

しわの原因と対策

 

しわと言えば、
おでこ、眉間、目尻、ほうれい線、口角、首などなど、
30代後半になれば誰でもどこかしらにしわができ始め気になり出すと思います。

また、しわの種類も3種類あったり、しわの原因も色々あったりと、
しわの種類によって原因や対策やケアが変わってきます。

三種類のしわにはどんなケアが良いのかなど、
シワについてを徹底的に調べてみたのでしっかり見てくださいね!

 


しわと年齢肌に話題のブノワスキンクリーム

 

 

しわの原因

大きく分けて3つのしわの原因があります。
種類によってしわができる理由や、シワに有効なケアが違いますので
しわの種類別で見ていきましょう。

乾燥しわ

肌の乾燥によりおこるシワで、通称ちりめんジワ、または小ジワとも言われます。
比較的まだ浅いしわとも言えますが、ケアをせず放置しているとしわがどんどん深くなり溝がはっきり出てしまうことも。

肌のアミノ酸や油分が年齢とともに減ることでも
この乾燥しわができやすいと言われています。

 

表情しわ

表情ジワは表情の癖からできるシワで、
眉間や口角、目尻やおでこなど、目立つところが多いのが特徴です。

表情の癖なので、いつも同じところ同じしわができるので、
しわの形状記憶がしやすいとも言えます。

 

深いしわ

紫外線を浴びて水分量や弾力がなくなった肌、また老化によるたるみなどからしわができます。
基本的に肌の深部まで溝ができているものになりますので手強いシワともいえるでしょう。

深いシワ(溝)ができる前にケアをするのが望ましいです。

 

しわの正しいスキンケア

細胞間脂質といってセラミドがあって程よい皮脂量と水分量がある肌にしないといけません。

とは言ってもどんな基礎化粧品を選べば良いのか、
どんな成分が望ましいのか、
実際に悩んでいる人は多いと思います。

そこでシワのケアに合う成分などをまとめて見ました。

 

水分(超純水)

基礎化粧品の成分のほとんどが水分と言われています。
そこで肌に吸収させる水分にもこだわったほうがもちろん良いですよね。
またお肌にはバリア機能がありますので、
あまりも肌が異変を感じる成分は肌のバリア機能が働き、
肌に良い成分も吸収させてくれなくなることもあります。
超純水でお肌の潤わせながら
お肌に良いシワに有効な成分の浸透力をあげることもとても重要です!

プラセンタ(馬プラセンタ)

プラセンタは胎盤で、赤ちゃんを育てる胎盤でもあるので栄養分などお肌にもとても良い成分がたくさん詰まっています。中でも馬(サラブレッド)のプラセンタが最高峰と言われていて、
その浸透力も抜群い良いのが特徴です。

シワだけでなく美肌にも有効でプラセンタを使った基礎化粧品の人気は後を絶ちません。

スクワラン

潤滑油とも言われ、保湿クリームや美容クリームにはよく使われている成分です。
保湿効果が高く、深いシワにもまだ浅い小ジワにも相性が良いです。

深海ザメから撮れるものがお肌にはとても良いと言われています。

ホホバ油

化粧品によく含まれている成分で、この基であるホホバは砂漠などでもいきられる植物で水分量を大変多く保っています。保湿には最高の成分として昔から化粧品や基礎化粧品などに使われています。

ターンオーバーを促したり剥がれ落ちない角質を取り除くのも有効なものです。

 

シワのケアにおすすめな基礎化粧品

肌に詳しい薬剤師さんが、
肌のことだけを考えに考え抜いて作ったと言われる基礎化粧品
ブノワスキンクリームをおすすめします!

 


「薬剤師が贈る超純粋シワ対策ケア」ブノワグレースクリーム

 

乾燥がひどいと言われる欧米人にも人気沸騰中な基礎化粧品で、
しわや美白効果に期待が大きいです。
シワの正しいスキンケアでお伝えした成分も全て配合されています。

最近ではインスタグラムで有名なインフルエンサーも愛用してたり、
女性ファッション雑誌BLENDA専属モデルの
長谷川唯ちゃんも愛用しているみたいです!

海外セレブも使っているほどその効果が期待できます。

 

詳しい使い方や最安値情報はこちらからご確認いただけます。