たるみの原因と対策

たるみの原因と対策

 

たるみは筋肉の衰えなど老化現象の一つで、
20代でも気にする人が増えています。

鏡にうつる自分がなんとなく元気のない顔している・・・
そんな時はたるみにより全体的に下がっている可能性があります。

そんなたるみの原因と対策を一緒にみていきましょう!

 



たるみの原因

 

弾力不足

年齢とともに減っていく肌のはり弾力
これにより全体的に重力に向かって下へ下へ下がってしまう事があります。
はりや弾力によるパンっとした肌状態だと顔全体が引き上がった状態になります。

また乾燥や紫外線による水分不足もこの弾力不足からのたるみの原因になるようです。

筋肉の衰え

普段から表情筋をあまり動かせていない場合などは、
年齢に関係なく場合によっては20代前半からたるみを気にする人もいるようです。

表情筋は小さな筋肉が顔中にいくつもあるイメージ、
よく表情を動かす人でも全部をたくさん使うのは難しいと言われています。
表情は癖なども影響しますが、やはり疲れたり元気がない表情の時は
下へ下へと動くのでそのままたるみの原因にも繋がりやすいようです。

また、顔だけじゃなく頭部の方からも垂れ下がってくる
顔全体もたるんでしまいます。

前かがみな姿勢

姿勢が悪い人は前傾になる事が多いので、
顔も下へ垂れ下がりやすい状態に常にあります。
猫背や常に本やゲームなど下向きでする作業が多い場合は
コレによる顔のたるみに気をつけたほうがいいです。

また、姿勢が悪い時(姿勢に意識がいってない時)は
自然と無表情な人が多いので顔の筋肉がゆるみまくりたるみやすくなる
とも言われています。

たるみの対策

表情筋

まずは表情を動かす事で筋肉を刺激してあげるのが有効的ですね!
大きく笑ったり頬をたくさん動かすような大きな動きは有効です。
「あえいうえおあお」を大きな口で頬が痛くなるくらいやるのも
効果があるようですが、顎が外れないように気をつけて下さいね!

頭皮のマッサージ

頭皮からたるんでくると当然お顔の皮膚も垂れ下がってしまいます。
定期的に頭皮のマッサージにいき刺激と流れをよくしてあげるようなマッサージを入れてあげる
キュッと全体的に引き上がりたるみにも効果が高いようです。

頭が硬くなっている人は手のひらで圧をかけながらほぐすように撫でると
それだけでも表情が上がるという人も多いので
お風呂上がりや寝る前にセルフケアしてみるといいいですね!

たるみに有効な成分

顔の中からふっくらパンっと弾けるようなお肌にするには
やはり弾力に不可欠な成分や保湿に有効な成分が欲しいですよね。

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン

この3つは最低でも必要なので美容液も
この辺りに有効な成分が配合されているものを選ぶといいですね!